すみやかに受診する

女医

うつ病の症状で辛い日々を送っているという方は、岡山にある心療内科で治療を受けることで、健やかな精神を取り戻すことが出来ます。

すみやかな受診が大切

血液の約45%は血球と呼ばれる赤血球、白血病、血小板の血液成分で成り立っています。 骨の中には骨髄というところがあり、そこで血液細胞は生み出されます。 まず血液細胞の源である造血幹細胞が作られ、段階を経て成熟していき完成し、血管へと送られるのです。 その骨髄での発生、成熟の過程の中で、白血病細胞と呼ばれる未熟な細胞が作られ増殖してしまうのが白血病です。 白血病はさらに数種類の病に分けられ、その中で最も患者数が多いのが急性骨髄性白血病です。 急性骨髄性白血病は急性というその名の通り進行スピードがとても早く、急激に白血病細胞が増殖していきます。 もし、例えば血液検査などで疑いを指摘され専門医を訪ねるようすすめられたなら、1日も早く受診することが大切です。

抗がん剤投与と造血幹細胞移植

急性骨髄性白血病の治療法は主に化学療法と造血幹細胞移植の2つです。 まず化学療法が行われることが多く、抗がん剤を用いて1兆個以上にまで増殖している白血病細胞を減少させます。 10億個以下に減ったところで、地固め療法というさらに抗がん剤を投与する治療を施し、100万個以下の寛解という状態になるまで続けるのです。 後に再発した場合などは造血幹細胞移植を考慮します。 この治療法はまず大量の抗がん剤投与や放射線の全身照射を行い、白血病細胞を消滅させます。 次に患者自身あるいは他者、または臍帯血から摂取した造血幹細胞を移植するのが大まかな流れです。 体への負担が非常に大きい治療法のため、高齢の患者さんなどにはミニ移植という抗がん剤や放射線の量を減らした方法も行われています。

サプリが効果的

カルテを持つ医者

睡眠が十分でない場合、日常生活に異常をきたしてしまいます。日中の眠気から始めリ、自立神経失調症やうつ病にもつながります。寝付きが悪い、何度も目が覚めるようなら、睡眠に効くサプリもあるので飲んで改善に努めましょう。

内科を大事に

注射器

内科は体調不慮が起きた時に行くことがあります。自分がどのような症状なのか診断してもらえ、薬を処方してもらえるため、早く治療することができます。今後、薬代が高くなる傾向にありますが健康のために払うべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加